NFTを楽しむ為のTwitter活用法

皆さんはTwitterをやっていますか?私はNFTを知ってから始めました。理由はシンプルで、NFT関連の情報はTwitterに多いからです。プロジェクトのコアファウンダー(先頭に立ってるリーダー)の方も、基本的にはTwitterで情報発信をされます。NFT界隈は情報の流れが本当に早いので、乗り遅れるとすぐに出遅れてしまいます💦朝にお宝情報がツイートされたかと思うと、夕方にはもうその情報は締め切りとかです。なので、シッカリとNFTを楽しむためには、まずはTwitterの開設は必須だと思います!!

Twitterにはスペースという機能があります。ボイスチャットですね。で、このスペースで頻繁にAMA(何でも質問会)が行われています。スペースの司会を務める方が居て、ゲストでコアファウンダーの方が呼ばれて、プロジェクトの質問や今後の展望についてどんどん答えていってもらう。基本的には誰でも視聴参加が出来るので、自分が応援しようとしているプロジェクトのスペースがあれば聴いた方がよくて、リアルタイムで文章で質問も出来ることが多いので、気になるところなどは聞いていく事もできますね。そうする事によって、自身でしっかりと見定めてからそのプロジェクトの応援をするかどうかを決めることが出来ます☆

またTwitter上ではよく「giveaway ギブアウェイ」といって、抽選や先着順でさまざまな物がもらえるチャンスがあります。例えば、WL(ホワイトリスト)やAR(アローリスト)と言ったりしますが、これは優先購入の権利です。1000枚しか発売されないNFTがあったとして、これを欲しい人が2000人居たらごちゃごちゃしますよね(語彙力w)。なので、プロジェクト側は確実に購入出来る枠をあらかじめ準備しておき、その枠をgiveawayするという事ですね。giveawayの参加条件としては、だいたいプロジェクトのアカウントの(フォロー)とその記事の(リツイート)をするというのが多い印象です。その条件をクリアした人の中から抽選でWLやALが配られるんですね。

中には、直接もうNFTをgiveawayしている場合もあります。これはお宝情報の可能性が高くて、シンプルに無料でNFTがもらえるということです。もちろん、詐欺の可能性が高いNFTや訳の分からないNFTはもらっても困るだけですが、市場で何万円もするようなNFTがgiveawayされている事もあるんですよー!!

という事で、NFTを目いっぱい楽しむなら、Twitterを開設するべき!というお話でした♪

Follow me!